最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 11月の定例会は | トップページ | 瀋陽市高官たちと会食 »

2009年11月24日 (火)

瀋陽日本人会の幹部との歓談

教師の会の来年の弁論大会担当のイベント係が、瀋陽日本人会の弁論大会係の人たちと初めての会合を1週間前に開いた。教師の会の弁論大会係は中の希望者がやっているのに対して、日本人会ではイベントを幹事会社に割り当てるので、日本人会からの実行委員は、やれと言うから出てきたと言う違いがある。


この会合に私は出ていないのであくまで伝聞に過ぎないが、日本人会の実行委員からはおやと思う反応があった。


教師の会側から、今までの弁論大会では受付、司会、カメラマンなど教師の会でやってきたが、今年は会員数が激減したことで手が回らないから日本人会の方で手配して欲しいとお願いをした。ところが実行委員からは、大会の成功のために、今一度教師の会でも目的意識を明確にして取り組んで欲しい、教師の会で弁論大会をやりたくなければ、考え直しても良いのだ、とまで言われたそうだ。


あれれ、あれま、という感じである。瀋陽日本語弁論大会は、だいたいが瀋陽日本人会がこの地区で日本語の普及のために始めたのだ。教師の会は実際に学校で学生の指導にあたっている先生たちの組織なので、実行部隊として必要であり、日本人会の依頼を受けて動いてきたのだった。


それなのに、教師の会がやりたいから日本人会が助けてやっているんだぞみたいな言い方はおかしい。これはつまり日本人会でも、それこそ初期の目的意識が会員から消えていて、ただ毎年何時ものようにやっています、その世話係になったけれど面倒なことだ、みたいなことになっているのだろう。


実際、商貿飯店と言う一流のホテルで開く日本語弁論大会にはのべ600人を超える聴衆が集まるが、日本人会からは、数年前高木会長の時に「せめて幹事は日曜日なんだし、せめて覗きに行きましょう」という運動の結果、数人が参加しているだけである。


日本人会こそ、大金をこの弁論大会のために使っていることだし、目的意識をはっきり持って欲しい。


それとは直接関係ないことだがちょうど同じ頃、教師の会の組織がこの秋から変わったので、新しい幹事を日本人会の幹部に紹介する儀式が必要になった。


このようなことは、数年前に会長が高木さんの時に教師の会会員を食事に全員招待して下さったことが初めてあって、その後、私たち教師の会の幹事が会長と事務局長を招待したのだった。


それも二年前のことで、それ以来私もそこには気が回らなかったが、今年はこの秋幹事の顔ぶれが変わったのを機会に、在瀋陽日本国総領事館に松本総領事を訪ねたし、今週の火曜日は日本人会の会長と事務局長を私たちが食事に招いたのだ。


もちろん顔合わせが大きな目的で、一緒に食事をして歓談するのが大事なのだ。まずは、ホームページをどうしたらいいだろうという情報交換から始まった。


教師の会は自分たちのホームページにアクセスできないことで困り抜いているが、日本人会も状況は同じなのである。調べてみると中国各地に日本人会(商工会)や教師の会があるが、無事に動いているのはサーバーを中国側においているもの、中国に日本から情報を伝えたい会社の代理を請け負っている日本のサーバー、あるいは日本政府のサーバーだけみたいである。


どうしたらいいのだろう。今までみたいに無料でなく有料になっても良いけれど、それがアクセス不能になったら全く意味はない。日本人会が良いサーバーを見つけたら教師の会も相乗りさせて欲しいものだ。


もう一つは、日本語文化祭と言う、今まで日本人会には関係のない催しがあるが、この後援に日本人会が乗り気になって欲しいというお願いである。


日本語文化祭は、元々は遼寧大学で始まった日本語を学ぶ学生たちの一年に一度の日本のお祭りだった。だんだん参加校が増えて教師の会もお手伝いをするようになり、一時は領事館も主催だったこともあった。


私はその頃の日本語文化祭に一度だけ参加したことがあるが、日本語を学ぶ学生たちのあふれるような喜びが歌、劇、踊りを通じて伝わってきて、見ているだけでもわくわくしたものだった。


弁論大会では応援の学生も駆けつけるが、本質的には個人の勝負である。それに比べると文化祭は日本語を学ぶ学生たちのはじけるような喜びがそのまま聴衆に伝わり、聴衆もそれに乗る感じで、日本語の普及にはこちらの効果の方が大きいのではないかと思えてくる。もちろんスポンサーが顔を出したってよい。


文化祭の運営に領事館が乗り気でなくなってからは、会の運営に必要な基金をどうするかという問題に直面した。昨年度は教師の会がぎりぎりの700元くらいを支援して会を開くことが出来たが、本当を言うとこの10倍欲しいところだ。


教師の会は瀋陽に進出している日本企業に日本語文化祭の意義を説いて支援をお願いしようかと考えた。ただし打診してみると、この不況で写真を減らしている記号が軒並みで、とても各企業が募金に応じられるような状況ではないだろうという。


そうなると日本人会が頼みである。日本語文化祭は日中友好親善、地域貢献事業での観点からみても、有用性だって大きいし、日本人会の事業にうってつけではないだろうか。


せっかくこうやって日本人会の幹部の方たちと顔を合わせたのだから、そのことも非公式にお願いした。正式には、幹事会でオブザーバーとして参加している教師の会の代表から申し入れることになる。


20091121山形 達也

« 11月の定例会は | トップページ | 瀋陽市高官たちと会食 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185105/32272744

この記事へのトラックバック一覧です: 瀋陽日本人会の幹部との歓談:

« 11月の定例会は | トップページ | 瀋陽市高官たちと会食 »