最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ホームページにアクセスできません | トップページ | 瀋陽日本人会の幹部との歓談 »

2009年11月19日 (木)

11月の定例会は

1114日の土曜日の午後は教師の会の定例会だった。10月の薬科大学で開かれた定例会のとき次回は図書館で開催の心積もりだった。


しかし10月半ばに陳丹さんから彼女の店を教師の会の集まりに使って欲しいというメイルを戴いて24日に多田先生と山形が彼女を訪ね、今回初めて陳丹さんのお店で開いた会である。市政府の近くで瀋陽の中心にあると言っていいくらい便利な場所だ。


200911211_2

私たちは1時過ぎに着いて、机を並べたり床に新聞を敷いたりしようと思ったのだが、既に机は並べられていて20人くらいの会議は出来るようになっていた。


私たちは何しろ雪道を歩いてくるのでどうしても綺麗な床が汚れる。でも陳丹さんはどうせお店だから汚れるのですよ、そのままで良いのですよと言われてしまい、そのまま使わせて頂くことにした。


200911212 2時から始まった会議には、多田、瀬井、高澤、土屋、山形、小池、渡辺、梅木、巽、松下、石脇、有川、春日、石田、杉島、それに新しく参加の東北育才外国語学校の任絵美さんで、合計16人。休みは宇野、中野の二人。


はじめは、会議の場所が狭い、寒い、などと言う声も出たが、店は入り口のシャッターを閉めて営業中止で、店は私たちの会議のためだけに存在した。


狭いだけに、会議のために座っている会員同士の間隔がこんなに近かったことは未だかつてない。そのためにより親密な気持ちで話をすることが出来たのではないだろうか。全員から、もし陳丹さんの方でOKなら、この次もお願いしたいという声が出ていた。


200911213

会議の最後に陳丹さんとそのご家族(従兄弟だという)お二人の紹介。


5時の会議が終わって、陳丹さんも一緒に出かけたのはこれも陳丹さんに教わった原味齊という北京ダックの店(十一緯路店)。人数に比べて狭い部屋でテーブルは一つだったが、これを17人で囲んだ。それだけにこの時も人と人の間隔が近く、親密な雰囲気で食事会が出来た。


200911214
会員一人一人が陳丹さんに自己紹介をした。彼女の話も伺った。全員が陳丹さんの真摯な人柄に触れて、彼女のことをすんなりと友人として受け入れたように見受けられた。


次回の1212日土曜日の集まりも彼女の店を使わせて頂くことになった。8時散会。一人40元。


20091119 山形 達也

« ホームページにアクセスできません | トップページ | 瀋陽日本人会の幹部との歓談 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185105/32235662

この記事へのトラックバック一覧です: 11月の定例会は:

« ホームページにアクセスできません | トップページ | 瀋陽日本人会の幹部との歓談 »