最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 在瀋陽総領事館を訪ねる | トップページ | 市図書館に寄付した図書目録作成 »

2009年10月31日 (土)

陳丹さんと会う

多田先生と二人で1024日の午後2時、陳丹さんと家族の経営する店を訪れて、2時間くらい話をした。日本に長年滞在した陳さんから、私に手紙が届いたからである。

 

陳丹さん:

 

さんは2000年から仕事のために日本に行ったが、行く前に覚えた日本語ではまるで役に立たず、アルクの日本語教師養成講座(通信教育)で勉強した。

 

2003年からはアルクアカデミー教室で勉強して、正しく日本語が書ける、話せる能力を磨いた。周囲が日本人の中で『日本語教育能力試験』と『日本語教師検定試験』にも通った。

 

日本語の教育、勉強になる本を沢山集めたし、日本語を理解するためには日本の文化を知る必要があり、その本も集めた。

 

瀋陽に戻って自宅で本を公開して、翻訳をしながら日本語を勉強したい人に教えてきたが、自分のうちの店と日本語教育の拠点を一緒にして、この春、ここに店を開いた。日本語を教えているのは数人。週に二三日。日本語の勉強では遠回りをしたので、効率的な日本語の習得方法を教えたい。

 

中国語への翻訳は、日本神話に興味があるし、白川静の著作を紹介したい。自分自身の著作はまだないが、ブログを持っている。

 

 

陳丹さんの提案:

 

瀋陽に戻ってから翻訳や日本語教育をやってきたが、日本人と付き合う機会が少ないので、自分の日本語能力に自信を失いそうだ。この水準を保つために、日本人と話をする機会を作りたい。その代わり日本人教師の会の集まりに自分の店を無料で使ってほしい。

 

それで、以下のことを話し合った。

 

1. 教師の会の集まりに使わせて頂けるだろうか。

 

これは先方からの熱心な申し出があり、店そのものを使って(3m x 7m くらいか)良いと言うことだった。20人くらいの会議が可能である。定例会の時は、毎月第2土曜日午後2時から3時間くらい、私たちも少し早めに出かけてセッティングを手伝う。

 

2. いつかは資料室を作りたい。

 

現状の、資料室がなく資料室の書籍もない現状で、以前の機能を持つ資料室を考えても意味ないことだが、昨年春までの書籍のある資料室が教師の間でも、教師と学生あるいは市民との間でも交流に大きな役割があったことを思うと、何時かふたたび教師の会の資料室を持ちたいという夢を忘れられない。

 

 陳さんは、まだ使っていない部屋が一つあり(3m x 4mくらいだろうか)これを資料室のために使って良いと言うことだった。壁二面に本棚を置けば2-3千冊の本を入れられる。

 

 これはすばらしい提案で、小さな部屋ながらも(開元ビルは120平方米。集智ビルは82平方米)これからここを新しく資料室の夢を育てる場所とすることは考えられないだろうか。

 

 この先、教師の手元に集まる本は、図書館には寄付をしないでここに集めていって、たとえば陳丹図書館にする。教師も学生もここを憩いの場として日中交流のために利用させて貰う。

 

.   日中草の根交流の提案。

 

瀋陽には日本人と中国人との積極的な交流の場、あるいは機会がほとんどない。ここを拠点にして、両者の交流のための集まりを考えるというのはどうでしょう。中国人の日本語能力を磨く機会になるのではないでしょうか。陳丹さんからこれについて少なくとも反対意見はなかった。

 

さしあたり陳丹さんにお願いしたこと:

 

1114日(土)午後2-5時、定例会に使わせて下さい。

 

その後一人30-40元で会食できる店(一部屋に円形テーブが二つ入っていて、全員が一部屋で会食できること)を見つけて下さい。そのとき、陳丹さんもご出席下さい。

 

以上OKでした。

 

« 在瀋陽総領事館を訪ねる | トップページ | 市図書館に寄付した図書目録作成 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185105/32012914

この記事へのトラックバック一覧です: 陳丹さんと会う:

« 在瀋陽総領事館を訪ねる | トップページ | 市図書館に寄付した図書目録作成 »