最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 瀋陽日本語文化祭の歴史 | トップページ | 在瀋陽総領事館を訪ねる »

2009年10月22日 (木)

教師の会・会則改正

1017日の定例会で会則の改正が承認された。

 

主なことは、会長・副会長という言葉に代えて、代表・副代表という表現にしたこと。

 

資料室がなくなったので資料室係の代わりに図書係。

 

弁論大会、日本語文化祭、クリスマス会の係を一つにまとめてイベント係にしたこと。

 

教師の会のホームページにアクセスできないので、ここに掲載する。

 

 

瀋陽日本人教師の会 会則

 

1 この会の趣旨

 

  この会は、瀋陽市とその周辺で日本語を使って教育・研究に携わっている日本人教師や研究者の集まりです。さまざまな経験や資格でここ瀋陽に来た私たちは、年齢や性別、経歴などを超えて、一人の人間、一人の日本人教師・研究者としてこの会に参加します。

 

  私たちの職業と生活のために必要な情報・教材などをお互いに交換し、中国における私たちの滞在を有意義なものにするための会として、この会の運営はみんなで分担し合い、協力し合うことによって進め、私たちの活動を日中友好の一助にしましょう。

 

2 会員資格

 

○ 日本国籍を有し、瀋陽市とその周辺で日本語を使って教育・研究に携わっている人で、各教育機関から招聘状あるいは専家証を発給されている人およびその家族でこの会の趣旨に賛同される人で本会が認める人。

 

○ 年会費を納入した人

 

3 会費

 

  100人民元(半年未満の場合は50元)。その他必要に応じて適宜徴収する。新加入会員は入会時に入会金50元を徴収する。年度最初の定例会で前年度の会計報告を行う。

 

4 この会ですること

 

○ 毎年9月の年度始めの定例会でこの会の趣旨を確認し、分担と予定を話し合う。

 

○ 瀋陽日本語弁論大会の企画、運営に協力し教師の会全体で参加する。参画については別途実行委員会を組織し、主催団体や機関との連絡を密にして、特に弁論大会設立の趣旨の継承に努力する。

 

○ 情報の交換、授業や教材の研究及び親睦などは適宜に計画して行う。

 

5 この会の組織と役割分担

 

① 代表(1名):本会を主宰する。他の機関や団体との連絡に責任を持ち、本会の代表として行動する。原則として瀋陽市在任期間の長い人を選出する。

 

②  副代表(3名前後):代表が若干名の副代表を指名する。副代表は代表を補佐して会の連絡と調整を行い、代表に事故のあるときは、いずれかが代表の任に当たる。副代表は、渉外、広報、日本人会等との諸連絡を担当するほか、定例会の司会をかねる。代表と副代表は幹事会を構成する。

 

③ 研修・リクリェーション係(3名前後):会員に役立つ研修を企画するほか、会員外にも向けた日本語文化セミナーを企画・発信する。会員の親睦のためのリクリェーションを企画し実行する。

 

④ 書記・会計係(3名前後):定例会の記録をホームページで公開する。年会費と必要経費を徴収し、会計を記録して金銭を管理する。会計は一般会計と特別会計とに分ける。

 

⑤ ホームページ係(3名前後):瀋陽日本人教師の会のホームページの企画・編集・更新作業に当たる。 

 

⑥ 図書係(2名前後):瀋陽日本人教師の会が瀋陽市図書館に寄贈した図書に関して図書館と交渉に当たる。今後も瀋陽日本人教師の会経由で瀋陽市図書館に寄贈する書籍の窓口となる。

 

⑦ 日本語クラブ編集係(3名前後):定期的(季刊)に機関誌「瀋陽日本語クラブ」の企画・編集・発行に当たる。

 

⑧ イベント係(10名前後):瀋陽日本語弁論大会では弁論大会主催団体や各機関との連絡調整を行い、瀋陽日本語弁論大会を実行する任に当たる。

 

日本語文化祭では幹事校を定め、その学校の学生を中心として実行委員会を組織し、文化祭の立案・計画・各学校との連絡・調整を行い、当日の運営等を担当する。

 

瀋陽日本人会の企画するクリスマス会ではその準備と運営に協力し、その連絡と調整を行う。

 

それぞれの主担当者をあらかじめ決める。

 

⑨ 各係から1名はホームページ担当となり、ホームページ係と共に日本人教師の会の広報に努める。

 

6 会則の改正

 

  この会の会則の改正は、会員の多数が不都合と認めた項目について協議の上、改正することができる。会の性格上多数決はなじまないが、同意・調整がつかないときは「この会の趣旨」は会員数の三分の二、他の項目は会員数の二分の一以上の賛意をもって改正することができる。

 

 

 

細則

 

① 上記のそれぞれの係は任期2年くらいが望ましい。

 

② 研修・リクリェーション係はホームページの「活動記録」の中にある「リクリェーション記録」を更新する。

 

③ 書記・会計係はホームページの中の「活動記録」の中にある「議事録」更新と「年度会計報告」を担当する。

 

④ 図書係はホームページの中の「教師の会関係の図書」の更新を担当する。

 

⑤ 日本語クラブ編集係はホームページの中の「瀋陽日本語クラブ」の更新を担当する。

 

⑥ イベント係の弁論大会実行委員、文化祭実行委員はホームページの中のそれぞれ「日本語弁論大会」、「日本語文化祭」、「クリスマス会」の更新を担当する。

 

20091017日改正

 

« 瀋陽日本語文化祭の歴史 | トップページ | 在瀋陽総領事館を訪ねる »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185105/31888920

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の会・会則改正:

« 瀋陽日本語文化祭の歴史 | トップページ | 在瀋陽総領事館を訪ねる »