最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月19日 (水)

新学期の前に山形が出したメイル

松下先生・多田先生・土屋先生

 

夏休みをどのようにお過ごしでしたか?

 

そろそろ夏も終わりで瀋陽に戻ることを考えなくてはいけないのですが、小生に健康上の問題が発生し8月中には戻れないことになりました。おそらく9月半ばまで戻れないかもしれません。

 

誠に恐縮ですが、教師の会の新年度第一回の定例会の準備も出来ませんし、出席も出来ないと思います。今期は冒頭から図書の整理もありますし新年度は結構忙しいはずです。申し訳ありません。

 

1.2009年度の会員名簿の原簿を送ります。前から残っている人を書き入れてありますので、これに訂正と追加を書いて貰って下さい。私が戻るまでは松下先生に整理をお願いしますね。

 

航空学院の片山皚さんは7月初めに電話をしたところ、宇野さんを通じて会費を払う予定だそうですが、会友扱いを望んでおられます。このほかの会友の先生たちからも会費をいただいて下さい。

 

2.私の役割は、やはりHP を続けることだと思いますが、どうかメインで出来る人を探して下さい。

 

3.講談社サイエンティフィクから送られてきた本は薬科大学で2回分預かっています。図書館との話のときには、まだ毎年後続の本の受け入れがある旨を、是非伝えておいて下さい。

 

4.また、図書の整理が出来て図書館で公開された時には、日本人会にもそのことを知らせて利用の増加を図って下さい。

 

5.そして日本人会の人たちからの図書の寄付を教師の会で受け入れ、時々まとめてしに寄贈すると言う手続きをこれから行うこともどうか教師の会で図って決めて下さい。

 

日本人からの本の寄付は図書館にばらばらに行くよりも、教師の会でまとめた方が良いと思います。ただし、誰がどこでこれを受け入れるかが問題になりますね。これも是非議論して下さい。

 

日本人はだいたい河畔花苑に住んでいる人が多そうなので、薬科大学で預かるのが一番近いかもしれません。もってきて貰うのが一番ですが、取りに行くというのでないと本は手に入りにくいでしょう。ですから、ほかに寄贈本の面倒を見るという人がいなければ、私のところでやりましょう。学生さんと一緒に行って運んできます。片道10分くらいの歩きです。

 

6.特別会計の扱いが懸案となって残っています。前に(5月に)特別会計を作ることは了承されましたが、これを使うことだけを考えていてこれを増やす方法を考えていませんでした。

 

前回(6月)、渡辺京子先生、瀬井先生からTシャツを作るなどの事業をしようかという提案がありました。私は自分でも歌集を作ってその収益を教師の会に積み立てましたから、この案に反対はしませんが、実際上この責任者となった人には、大変面倒なことだと思います。

 

それで、良い案を思いつくだけではなくそれを実行する気持ちの強い時のみやって見たらよいと思います。

 

そのような中で、特別会計を増やすとすると、一つの考えは、何も特別なことをしない。しかし、毎年の通常会計では、定期的な会費収入のほか、集まって食事をした時の残り(たとえ10元でも残して)を会計に入れる。通常会計は赤字にはしないように運営する。そして、前年度でなく、前前年度の会計の余剰金を特別会計に入れる。というのはどうでしょうか。こうすれば何も身構えなくても、特別会計という教師の会のいざというときのため(資料室を見つけて再開するなどの)基金を増やすことに役立ちます。そして特別会計は安易には使わない。

 

私は資料室再開を目指して積み立てる、と言うような高い、そして遠い目標を掲げると良いと思います。そうでないと、誰かへの謝礼とか、会にとっては非日常的と思われやすいことで消えてしまいます。

 

とりあえず思いついたことを書きました。

 

自分では出られないのに勝手ばかり述べてごめんなさい。

 

それでは新しい年度の会が元気に始まるよう祈っています。

 

草々

 

山形 達也

 

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »